団地ぐらし

団地の参与観察みたいなブログ。時々更新。

風が止まると困る部屋

私が住んでいるUR団地の部屋にはクーラーがありません。最初からついていませんでした。自分で購入・設置をしなくてはならないようです。これはお金がかかるなあ…と、今のところ購入していません。

意外にも風通しが良くて涼しいんです、この部屋。朝夕に窓を開けてあれこれやってると、すごく気持ちよくて、さわやかな気分に。

ただし、風が止まると地獄です。

鉄筋コンクリ、5階建ての4階という部屋なのでもう地獄。蒸し風呂のような状況に陥っています。というか今、まさに、そんな状態なんです。なう、です。

おかげで久しぶりにパンツ姿で仕事というか作業してます。そうでもないとやってられません。ここ数日、風が止まるようになってます。天気と関係してるのでしょうが、厳しい状態です。ああつらい…。

 

せめてそよ風でも吹いてくれれば…!

割と騒がしい

上階か隣室に子連れ家族が住んでるのですが、その子が元気すぎて元気すぎて。

朝8時くらいに、通学してる知り合いか自分の家族でしょうかね、それを窓から見つけては「なになにちゃんバイバーイ!」て五分くらいずっと叫んでます。これが結構大きい声なので騒がしい感じ。親は注意してないみたいです。

平日が休みになりがちな私にとってはちょっと頭の痛い問題かなーと。休みは遅くまで寝てたいのに、「バイバーイ!」で起こされるというね。

昨夜は夜10時とかに走り回っていたりするし。まだ階下に足音が響かないだけマシなのかな。

その日は不思議な夜で、10時なのにピアノ弾いたりとか、騒ぎ声がしてくるとか、何だか落ち着かない日でした。こういう日もあるのか。

団地解体(その4)

f:id:swordfish-002:20170614210931j:plain

足場が前面に組まれたかと思ったら、今後は防音壁が取り付けられていました。

これからどんどん隠されて、取り壊されていくのかな。段階を追って撮影できれば一番なんだけど、この手の解体作業は「気付いたら半分進んでた」とか「気付いたら最期の部分が崩された」とか「気付いたら更地になってた」とかいう具合になっていそうでちょっと怖いです。

 

これまでの解体作業はこんな感じです。

danchigurasi.hateblo.jp

danchigurasi.hateblo.jp

danchigurasi.hateblo.jp